EOSネットワークCPU「問題」について

2019年11月1日から、多くのEOSメインネットユーザーたちがトークンの送受信を行うにあたり困難に直面しています。すなわち、EOSネットワーク上のリソースの一つである「CPU」が不足することによってトランザクションを実行できない状況が発生しており、執筆現在(2019年11月14日)においてもその状況は大きく変わっていません。 本記事では、現在進行形で発生しているCPUをめぐる状況について、その内容、ユーザーサイドにおける解決法、この問題がEOSメインネットに対して意味するところなどを、具体的にみていこうと思います。 なお、ユーザーとしての問題解決法のみに興味がある方は、「どうすれば良いのか」セクションを参照してください。…

0 Comments

エアドロップ警報・pEOSをクレームできるのは4月25日まで!

クレームされなかったpEOSはバーンされることが決定 pEOSはモネロのようなプライバシーをEOSで実現しようとする試みです。2019年2月15日時点でEOSを保有していたアカウントに対して、1:1の割合でPEOSトークンがエアドロップされました。エアドロップされたpEOSですが、そのままにしておくと無くなってしまうので注意が必要です。pEOSを持ち続けるためにはpEOSを2019年4月25日までに“クレーム”する必要があります。なお、“クレーム”とは「取得の意思表明」といったような意味合いになります。pEOSを失わないためにはどのようにクレームすればよいか?いくつか方法があるので紹介します。なお、pEOSチームからの公式発表については下記のリンクを参照ください:https://medium.com/@pEOS_one/10-days-left-to-claim-unclaimed-peos-will-get-burned-701bdc505739 pEOSのクレーム方法…

0 Comments

EOSにEmailがもうすぐ登場 – dMailの紹介

Emailがインターネットのキラーアプリの一つであることは否定できません。 日常的なテキストのやり取りにはチャットアプリなどが使われるようになりましたが、ビジネスにおけるコミュニーケーションは未だにEmailが中心です。 Emailの欠点といえば、大量に送られてくるスパム・メールです。

0 Comments

AirDrop続報!emanateのエアドロップが実施されました!Claimが必要

emanateトークンはClaimする必要あり emanateはEOSのプラットフォームを使った音楽のエコシステムとして過去のPostで紹介しました。https://eosmainnet.net/emanate-eos-airdrop/emanateトークンのエアドロップは実施日も含めて謎につつまれたままでしたが、つい先程からエアドロップが始まっているようです。エアドロップされた10 EMTはClaimする必要があります。早速Scatterを使ってClaimをしてみましょう。…

0 Comments