Scatter ユーザーズマニュアル

scatter-logo

Scatter は、EOS ブロックチェーン、およびその上に構築されているアプリケーションとのやりとりを行うことを可能にするツールです (Ethereum、Tron にも対応)。

秘密鍵を公表せずに各種トランザクションを署名することによって、トークンの送受信や保管はもちろんのこと、「パスワード」を使わずにワンクリックでさまざまなサービスにログインしたり、キーペア (秘密鍵 + 公開鍵) や権限の管理を行なったりすることもできます。EOS エコシステムに「フル」で参加するにあたって、Scatter は必須のツールといえます。

なお、Scatter 使用にあたっては EOS アカウントの所有が必須となります。まだアカウントをお持ちでない場合は、こちらの記事などを参考にアカウントを作成することをお勧めします。

EOS トークンの送受信や BP への投票といった各種機能を使用するには、本ガイドの「1. インストール」から3. アカウント情報の登録」までの内容を完了していることが必要となります。そのため、Scatter を初めて使用するという方はまず「3. アカウント情報の登録」までのステップを実行してください。具体的な諸機能はそれ以降のセクションでみていきます。

1. インストール

scatter download links

2. 初期設定

初めてのインストールが完了してアプリケーションを起動させると以下のような画面となります。

scatter initialize

秘密鍵 (およびそれを元に生成される公開鍵) を所有していない場合は  “I’m new to blockchain” を、秘密鍵をすでに所有している場合は “I have my own private keys” をクリックします。

いずれの場合でも、まずは利用規約承認画面に案内されます。

scatter terms of use

次に、パスワードを設定するように促されます。

“choose a password” にパスワードを入力し、”one more time” に確認のためパスワードを再入力します。なお、”choose a password” の下にあるゲージはパスワードの強度を表しており、強度が強いほどゲージが右に進出して長くなっていきます (以下の例では強度が最も強いパスワードが設定されています)。

満足のいくパスワードが入力できたら、”Next” というボタンをクリックします

scatter set password

以下、最初にクリックしたオプションによってアクションが異なってきます。

秘密鍵をすでに所有している場合は次セクション「3. アカウント情報の登録」の「秘密鍵のインポート」という部分に進んでください。

秘密鍵をまだ所有していない場合はこのまま読み進めてください。

秘密鍵をまだ所有していない場合 ("I'm new to blockchain")

さて、パスワード設定が完了すると以下のような画面となるので、”Start using Scatter” をクリックします。

scatter welcome screen

なお、ここで以下のようなメッセージが表示されるかもしれません (以下は Mac の例です)。その場合は “Allow” をクリックしてください。セキュリティマニアの方は “Deny” (あるいはそれに準ずるオプション) を選択しても構いませんが、その場合は Scatter と外部ネットワークとの接続・コミュニケーションがスムーズに行われないことによって Scatter の機能をフル活用できない状態となる点に関し、ご理解ください。

scatter incoming connections

Scatter ダッシュボードに移行し、初期設定が完了となります!

scatter dashboard

3. アカウント情報の登録

さて、Scatter を実際に使用していくにあたっては、Scatter にあなたの EOS アカウント情報を取り込む必要があります。

具体的には秘密鍵およびそれとリンクされているアカウントについての情報をインポートすることになります。

Scatter でこれを行うにあたっては以下 2 通りの方法が存在します。

  • 秘密鍵を生成する (すでに秘密鍵を所有していない場合)
  • 秘密鍵をインポートする (すでに秘密鍵を所有している場合)

以下、それぞれの方法について詳しくみていきましょう。

秘密鍵を生成する ("Generate Key")

ホーム画面で “Wallet” を選択したのち、画面右下の “Generate Key” という白色のボタンをクリックすることで、秘密鍵を生成するための画面に到達することができます。

Generate EOS key pair

ここでは EOS のキーペア (秘密鍵 + 公開鍵) 生成が目的なので、”EOSIO” というボタンをクリックし、次の画面に進みます。

Private key export methods

ここで実際に秘密鍵を生成・エクスポートしていきます。文字列の形で秘密鍵をエクスポートする場合は “Key” を、QR コードの形で秘密鍵をエクスポートする場合は “Paper Wallet” をクリックします。

文字列でエクスポート ("Key")

“Key” を選択した場合、以下のように秘密鍵が表示されます。ここで表示される秘密鍵は決して第三者に公開しないようにしてください。また、この秘密鍵は USB ドライブなどの安全な外部媒体にコピペして保存するか、紙に印刷するなどして大切に保管してください (以下のスクリーンショットではデモンストレーション用に秘密鍵が公開されていますが、この鍵は決して使用しないでください)。

Exporting a private key (string)

QR コードでエクスポート ("Paper Wallet")

QR コード形式で秘密鍵をエクスポートする場合は、”Paper Wallet” を選択します。

Exporting a private key (QR code)

文字列でのインポートの場合と同様に、この QR コードはあくまでデモ用に生成されたものであり、これを実際に使用することがないようにしてください。”Alternative Password” フィールドでは、QR コード暗号化のためのパスワードを個別に設定することが可能です。これを空欄にした場合、QR コード暗号化にあたっては Scatter のパスワードが使用されます。

さて、秘密鍵を無事保存したのちホーム画面に戻ると、生成された秘密鍵に基づいた公開鍵が表示されているのを確認することができます。

Displaying a public key

以上で、秘密鍵の生成・エクスポートが無事完了です!

なお、取り込んだ秘密鍵にはアカウント情報がまだ紐づけられていないため、Scatter を使ったアカウント使用・管理 (EOS トークンの送受信、投票、ゲームプレイなど) を行うことができません。

したがって、ここで作成した秘密鍵をアカウントとリンクさせる必要があります。ここで、アカウントをお持ちでない場合はまずアカウントを作成する必要があります。

アカウント作成はこちらの記事 (Scatter に限らず、EOS Account creator および ZEOS というサービスを用いて作成する方法についても解説しています) などを参考に行なってください。

秘密鍵をインポートする ("Import Key")

ホーム画面で “Wallet” を選択したのち、画面右下の “Import Key” という青色のボタンをクリックすることで、秘密鍵をインポートするための画面に到達することができます。

scatter import private key

秘密鍵インポートにあたっては上記 3 つの方法があります。

秘密鍵をテキスト (文字列) 形式で保存している人は “Text” を、ハードウェアウォレットに保存している人は “Hardware” を、QR コードで保存している人は “QR Code” をクリックします。

以下、それぞれの方法について解説していきます。 

テキスト (文字列) からインポート

以下の画面のインプット欄に、すでに所有している秘密鍵を入力またはペーストします。

scatter enter privat key

すると以下のような画面となるので、”Start using Scatter” をクリックします。

scatter welcome screen

なお、ここで以下のようなメッセージが表示されるかもしれません (以下は Mac の例です)。その場合は “Allow” をクリックしてください。セキュリティマニアの方は “Deny” (あるいはそれに準ずるオプション) を選択しても構いませんが、その場合は Scatter と外部ネットワークとの接続・コミュニケーションがスムーズに行われないことによって Scatter の機能をフル活用できない状態となる点に関し、ご理解ください。

scatter incoming connections

Scatter ダッシュボードに移行し、初期設定が完了となります!インポートした秘密鍵から生成された公開鍵情報が無事表示されているのがお分かりかと思います。

scatter private key import complete

なおこの例では、取り込んだ秘密鍵にアカウント情報がまだ紐づけられていないため、Scatter を使ったアカウント使用・管理 (EOS トークンの送受信、投票、ゲームプレイなど) を行うことができません。

したがって、ここで作成した秘密鍵をアカウントとリンクさせる必要があり、そのためにはまずアカウントを作成する必要があります。

アカウント作成はこちらの記事 (Scatter に限らず、EOS Account creator および ZEOS というサービスを用いて作成する方法についても解説しています) などを参考に行なってください。

作成したアカウントと秘密鍵が無事リンクされると以下のような表示となり、Scatter の各種機能を使用できるようになります (この例では、とある秘密鍵に対して 2 つのアカウントが紐づけられています)!

 

scatter private key import complete with account

ハードウェアウォレットからインポート

現在作成中です✍

QR コードからインポート

現在作成中です✍

4. EOS トークン送受信

本セクションでは、EOS トークン (本ガイドでは EOS トークンに限定していきますが、その他のトークンでも要領は同じです) の送受信方法をみていきます。

EOS トークン送信方法

EOS トークンを送信するにはまず、ホーム画面から “Send” という部分をクリックして以下のような画面に移行します。

Sending EOS token

そして、”Sending from” に送信元アカウント名、”Receiving to” に送信先アカウント名、”Amount & Details” の左側のフィールドに送信量 (EOS またはドル)、右側のフィールドにメッセージ (任意) を入力します。なお、”Sending from” と “Receiving to” については、枠内の 3 つの点 (••) をクリックすることで、トークン別のアカウント情報詳細を参照することができます。

必要情報の入力が完了したら “Send” という青いボタンをクリックします。

すると、確認のための以下のような画面が現れるので、”from” (送信元アカウント名)、”memo” (メッセージ内容 (入力した場合))、”quantity” (送信量)、”to” (送信先アカウント名) が正しいことを確認して、”Allow” をクリックします。

Confirming transaction

以上で、EOS トークンの送信が完了です!

EOS トークン受信方法

EOS トークンを受信するには、自らのアカウント名を相手 (送信元) に知らせる必要があります。

アカウント名は 12 文字からなる文字列であり、同じアカウントを頻繁に使用することですでにアカウント名を暗記しているという場合は、それをそのまま送信者に伝えてください。

アカウント名を暗記していないという場合は、ホーム画面から “Receive” をクリックすることで、アカウント名情報を参照することができます。

Receiving EOS token

アカウント名は QR コードまたは文字列のものが表示されるので、使い勝手の良いものを送信者にシェアしてください。

以上で、EOS トークン受信のためにこちら (受信者) が行うべき事柄が完了です!

5. アカウント設定方法

EOS ネットワークを使用する中で、EOS アカウントの各種設定 (NET・CPU・RAM 設定、BP への投票、キーマネジメントなど) を行う場面に遭遇することがあります。そのため、その方法を理解しておくことは重要です。

本セクションでは、Scatter でアカウント設定を行う方法をみていきます。

Scatter を起動するとデフォルトで以下のような “Apps” メニュー画面になっているかと思います (左側メニューバーに目を移すと “Apps” というメニューが星アイコンとともにハイライトされていることが確認できます)。

Scatter Apps menu

そこでまず、左側の “Wallet” というメニューをクリックし、次のような画面に移行します。

Scatter wallet menu

ここでは、Scatter に登録されたアカウント名が、その残高とともに画面中央付近に表示されます。今回の例では “eosedujapan1” と “eosedujapan2” という 2 つのアカウントが表示されています。ここで、アカウント設定を行うためのアカウントをクリックし、以下のような画面へと移行します。

Scatter wallet menu dashboard

この画面から、特定アカウントの各種設定を行うことが可能になります。以下、上記スクリーンショットに記載された番号に沿ってそれぞれの機能を解説していきます。

① CPU・NET の設定

ステーク

① で示したメニューからは、EOS ネットワーク内の 3 つのリソースのうち、CPU・NET の設定を行うことが可能です。具体的には、アカウントで保有している EOS トークンを用いて CPU・NET へのステーク・アンステークを行うことができます。

“CPU” または ” NET” の下にある “Manage” というボタンをクリックすると以下のような画面となります。

Scatter CPU & NET settings

“CPU”、”NET” の下にあるインプットフィールドにステークする EOS トークンの量を入力 (またはその下にあるスライドバーで調節) します。この際、”Available EOS” という欄に CPU、NET としてステーク可能な EOS の合計量が表示されますので、その数値も参考にすると良いでしょう (今回の例では、CPU、NET にそれぞれ 1 EOS (合計で 2 EOS) をステークしました)満足したら画面右下の “Confirm” をクリックします。

Scatter staking CPU and NET

すると、Scatter による上記のような確認画面となるので、CPU・NET へのステーク量が正しいことを確認して、”Allow” というボタンをクリックします。

以上で、CPU・NET へのステークが完了です!

アンステーク

アンステークの場合も手順はステークの場合と同じです。

“CPU” または ” NET” の下にある “Manage” というボタンをクリックすることで表示される画面から、”Unstake” というタブをクリックします。

Scatter unstaking CPU and NET

そして、”CPU”、”NET” の下にあるインプットフィールドにアンステークする EOS トークンの量を入力 (またはその下にあるスライドバーで調節) します。この際、”Available EOS” という欄にアンステークされる EOS の量 (CPU、NET からアンステークされる EOS の合計量) が表示されますので、その数値も参考にすると良いでしょう (今回の例では、CPU、NET からそれぞれ 0.3 EOS (合計で 0.6 EOS) をアンステークしました)満足したら画面右下の “Confirm” をクリックします。

Scatter unstaking CPU and NET (confirmation)

すると、Scatter による上記のような確認画面となるので、CPU・NET へのアンステーク量が正しいことを確認して、”Allow” というボタンをクリックします。

以上で、CPU・NET からのアンステークが完了です!

② RAM の設定

③ アンステークした EOS を取得

④ 各種キーの設定

⑤ プロキシの設定

⑥ アカウント作成

⑦ アカウントのアンリンク

⑧ 保有トークンの情報

Close Menu