エアドロップ警報・pEOSをクレームできるのは4月25日まで!

クレームされなかったpEOSはバーンされることが決定 pEOSはモネロのようなプライバシーをEOSで実現しようとする試みです。2019年2月15日時点でEOSを保有していたアカウントに対して、1:1の割合でPEOSトークンがエアドロップされました。エアドロップされたpEOSですが、そのままにしておくと無くなってしまうので注意が必要です。pEOSを持ち続けるためにはpEOSを2019年4月25日までに“クレーム”する必要があります。なお、“クレーム”とは「取得の意思表明」といったような意味合いになります。pEOSを失わないためにはどのようにクレームすればよいか?いくつか方法があるので紹介します。なお、pEOSチームからの公式発表については下記のリンクを参照ください:https://medium.com/@pEOS_one/10-days-left-to-claim-unclaimed-peos-will-get-burned-701bdc505739 pEOSのクレーム方法…

0 Comments

EOSにEmailがもうすぐ登場 – dMailの紹介

Emailがインターネットのキラーアプリの一つであることは否定できません。 日常的なテキストのやり取りにはチャットアプリなどが使われるようになりましたが、ビジネスにおけるコミュニーケーションは未だにEmailが中心です。 Emailの欠点といえば、大量に送られてくるスパム・メールです。

0 Comments

AirDrop続報!emanateのエアドロップが実施されました!Claimが必要

emanateトークンはClaimする必要あり emanateはEOSのプラットフォームを使った音楽のエコシステムとして過去のPostで紹介しました。https://eosmainnet.net/emanate-eos-airdrop/emanateトークンのエアドロップは実施日も含めて謎につつまれたままでしたが、つい先程からエアドロップが始まっているようです。エアドロップされた10 EMTはClaimする必要があります。早速Scatterを使ってClaimをしてみましょう。…

0 Comments

EOS上のMonero、pEOSのエアドロップ情報

EOS上でプライベートな送金が可能になる! EOSは0.5秒のConfirmation Time、送金手数料ゼロという利点を活かし、送金の手段としても高い可能性を秘めています。しかし、EOS上のトランザクションはビットコインと同様すべて公開されているため、プライバシーを確保した状態での取引が難しいという課題がありました。それを解決するのがpEOSです!pEOS…

0 Comments