WAXとは?特徴やトークン入手方法について解説

WAXとは?特徴やトークン入手方法について解説

WAXは、さまざまなデジタルアセットを作成、売買、トレードするためのツールを提供するプラットフォーム・プロトコルであり、EOSIOのテクノロジーをベースに構築されています。”WAX” という名前は、”Worldwide Asset eXchange” に基づいており、文字通り「グローバルなアセット取引・取引所」ということになります。

WAXトークンの最近の急激な値上がりなどを背景としてEOSコミュニティ内で再度注目を集めているWAXですが、本記事ではその特徴やトークン入手方法などについてみていきます。

WAXの特徴

上述した通り、WAXはデジタル上の各種資産を作成、売買、トレードするためのさまざまなツールを提供するプラットフォーム・プロトコルであり、WAXの開発・運営は、ゲーム内アイテムを中心としたデジタルアセット・アイテムの売買などを行うためのプラットフォームである “OPSkins” の開発・運営を経験したチームメンバーたちが担当しています。

WAXネットワークのメカニズムは、EOSと非常に似通った形となっています。

具体的には、CPU・NET・RAMというネットワークリソースが存在し、CPU・NETはWAXトークンをステークすることで利用可能となり、RAMは希少性のあるリソースとしてRAMマーケットで売買が行われます。

また、コンセンサスメカニズムとしてはDPOSが採用されており、BP(ブロックプロデューサー)に相当するものとして “Guild” が存在します。Guildたちはブロックを承認することによるブロックリワードを得ることができ、WAXトークンホルダーたちはステーキングを通じてGuildへの投票を行うことができます。なお、投票を促すためのインセンティブとして、投票を行ったトークンホルダーたちにもリワードが与えられる仕組みが存在します。

デジタルアセットとブロックチェーン

WAXプラットフォーム上では、ブロックチェーン技術を活用してゲーム内アイテムをはじめとしたデジタル上の情報に対してセキュリティや一意性を付与することにより、セキュアでユニークな、いわばNFT(非代替性トークン)としてのデジタルアセットを作成し、これを売買・トレードするなどといったことが可能となります。

デジタル上の情報に希少性を与え、改ざん不能とすることなどを通じてその情報に「価値」が生まれるというのは、非代替性トークンに限らず、ビットコインなどの「代替性トークン」に対しても当てはまることです。加えて、このメカニズムが分散的な形(あるいはそれに近い形)で実行されることにより、そうした「価値」がより強固なものになると考えることができます。だからこそ、WAXのようなデジタルマーケットプレイスを実装するにあたってブロックチェーン技術が役立つのです。

実際、ゲーム内の「剣」を全プレーヤーが「コピー」できたとしたらせっかく今まで保っていた競争優位という「価値」が失われてしまうかもしれませんし、誰でもビットコインを「コピー」できたとしたら、供給量急増加に伴う(ハイパー)インフレによって、ビットコインの「価値」は大幅に目減りすることでしょう。

cosmic sword
出典 - https://gbf.wiki/Cosmic_Sword

トークンエコノミー

同時に、独自トークンとしてのWAXを導入することで、WAXプラットフォームに関して、WAXトークンを「貨幣」とする独自の経済圏が生まれることになります。これによって、いわゆる「トークンエコノミー」が形成されることになります。

WAXプラットフォームを実際に利用するためにはWAXトークンが必要となりますから、プラットフォームの有用性が高まってプラットフォームのユーザーが増えれば増えるほど、WAXトークンに対する需要も上昇します。そして、その供給を上回る形で需要が増加した場合、トークンの「価値」も上昇します。もちろん、その逆も然りです。

 

WAXトークン(WAX Protocol Token)について

トークン発行スキーム

WAXトークンは当初ERC-20トークンとして2017年11月に発行されましたが、現在はEOSのシスターチェーンとしての独自チェーン上で動作しています。

 

なお、このERC-20トークンは、トークンスワップ(2019年6月30日〜8月30日の期間で実施済)を通じてWAXプラットフォームで使用可能なWAXトークンへと交換することができ、このスワップを通じて発行されたWAXトークンのことを特に “Genesis WAX Protocol Token” と呼びます。そして、このトークンは、3年間ステークし続けることで保有量が2倍になるという仕組みとなっています。

たとえば、トークンスワップで1,000WAX(Genesis WAX Protocol Token)を入手した場合、3年間(正確には1096日間)このトークンをステーキングし続けることによって、3年後には新たに1,000WAXを保有(合計で2,000WAXを保有)していることになります。実際は、このリワードは1日ごとに配布されるため、0.912WAX(WAX Protocol Token)を3年の間毎日受け取ることができます。ただし、一回でもアンステークを行った場合、その分に関しては以後のリワード配布が無効となります。

なお、”Genesis WAX Protocol Token” と “WAX Protocol Token” の違いはこの報酬スキームのみであり、その他の機能は同じとなっています。

トークン供給量

トークンの供給量ですが、リリース当初にERC-20トークンとして1,850,000,000WAXが発行されたことにより、理論的にはこれの2倍すなわち3,700,000,000WAXという供給量がリリース時に確定しています。

そして、これにシステムリソースとして存在する20,000,000WAXを加えた3,720,000,000WAXが、リリース時点における理論上最大の供給量となります(実際はERC-20トークンのスワップが行われなかったケースもあるため、リリース時点で把握可能な総供給量はこれを下回る数となります)。

さらに、前述したステーキングリワードやブロックリワードとしての新規発行分が存在することにより、1年あたり5%のインフレが生じるとされています。

WAXトークンの入手方法

WAXトークンは以下のプラットフォームから入手可能です。

  • Newdex(分散型取引所: DEX)
  • Bittrex(中央集権型取引所: CEX)
  • Changelly(DEXとCEXの中間的なプラットフォーム)
なお、入手したトークンは取引所プラットフォームに放置するのではなく自ら保有するウォレットで管理するというのが、WAXトークンに限らず、暗号通貨に関するセキュリティ上の鉄則です。
 
そして、WAXトークンでこれを行うには、”WAX Blockchain Account” を作成し、アカウント情報をScatterなどに登録する必要があります。
 
“WAX Blockchain Account” は、WAXプラットフォームとやりとり(ステーク、投票、etc)する上で必要なツールとなります。EOSアカウントと同じようなものと思っていただければいいでしょう。
 
このアカウントの作成方法ならびに、ウォレット(Scatter)へのリンク方法についてはこちらの記事が詳しいので、参照してみてください。

Leave a Reply