ウィークリーハイライト(6/21 – 6/27)

ウィークリーハイライト(6/21 – 6/27)

ビットコイン価格の大幅下落を叫ぶ声量が大きい今日この頃ですが、EOSerの皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

そうした中にあっても、EOSコミュニティ内のアクティブな活動は止まるところを知らないようです。先週のニュースをいくつかピックアップしてみました!

EOS Israelが、VOICEローンチパーティーを開催

EOSIOソフトウェアをベースに構築されるSNS「VOICE」のベータ版が7月4日にリリースされるのに合わせて、EOS Israel(EOSイスラエル)が同日にオンラインミートアップを開催することを発表しました。

時間は午後9:00〜午後11:00(GMT+3)とされているので、日本時間だと7月5日(月)午前3時〜午前5時となると思われます。日本在住で起きている人は少ないと思いますが、VOICE CEOに加えてVOICEのチームメンバー全員と(Zoom経由で)会うことができる貴重なチャンスなので、情熱的なEOSerの方はぜひ参加してみてください!

日本人アーティストによりデザインされたBlankoがお披露目

トレーラーの発表、PC Gaming Showでの紹介など、近頃非常にホットなニュースが連発している「Blankos Block Party」ですが、そこで登場するキャラクター「Blanko」のうち、日本人アーティストの水野純子さんがデザインを手がけるBlankoがお披露目されました。

燃えたぎる炎をモチーフにしたと思われるインパクトの強いデザインでありながら、どことなく可愛らしさも感じられる雰囲気を醸し出しているように思われます。

ゲーミングはEOSに限らずクリプトの「マス・アドプション」に向けて極めて重要な分野であることから、Blankos Block Partyの今後の動向は注目に値するでしょう!

 

Sense Chatがまもなくリリース

秘匿性かつインセンティブシステムを備えたEOSIOベースのチャットシステム「Sense Chat」が今夏リリースされることが発表されました。

Sense Chat開発元「Make Sense Labs」CEOのCrystal Rose Pierce氏によると、Sense Chatを用いて行われるプライベートチャットの内容は、政府をはじめとしたサードパーティーはもちろん、Make Sense Labsもアクセスできない仕様になっているとのことです。

こうした具体的かつ需要があるユースケースを伴う様々なプロジェクトが確実に生まれてきていることは、EOSコミュニティの強みの一つだといえるでしょう。

EOS Argentinaが、EOSIO向けのPythonライブラリをリリース

BPの一つとして活動するEOS Argentina(EOSアルゼンチン)が、EOSIO関連チェーン向けのPythonライブラリ「μEOSIO」をリリースしました。

クリプトにおいて、PythonはC++やJavascriptなどと並んで非常にポピュラーなプログラミング言語であり、EOSIOに特化したライブラリの存在は、EOSIO開発者にとって大きな価値を提供することでしょう。

なお、同ライブラリは、EOSブロックチェーンのみならず、EOSIOベースの任意のブロックチェーンに対応しているとのことです。

WAX Advisory Councilに新メンバーが加わる

EOSIOをベースとした独自のブロックチェーンを活用し、さまざまなデジタルアセットを作成、売買、トレードするためのツールを提供するプラットフォーム・プロトコルであるWAXが、WAXをはじめとしたブロックチェーンプロトコルをビジネスに有効活用するための議論・アドバイザリーの場として設立した「WAX Advisory Council」に、今週も新メンバー2名加わりました。

具体的には、「スタートレック」シリーズのジェームズ・T・カーク役をはじめとして、60年以上にわたって俳優として活躍してきているWilliam Shatner氏、そして、大手ゲーム制作企業であるマーベル・ゲームズでエグゼクティブ・バイス・プレジデントなどを務めるJay Ong氏が加わることになりました。

特に、Shatner氏に関しては自らの「回顧録」を画像などと合わせてNFTの形でWAXブロックチェーン上で流通させるなど、非常にダイレクトな形でWAXエコシステムに携わっていくことになります。

 

Leave a Reply