EOSとは何か

eos logo

EOSとは何か?

EOSとは何かを一言で説明するのは難しい。

EOSは何かの略称ではない。

EOSはDApps(Decentralized Applications/非中央集権的アプリケーション)のためのブロックチェーンである。

EOSはEOSブロックチェーン上のトークン(クリプト、仮想通貨)である。

EOS(正式にはEOSIO)はブロックチェーンのOS(オペレーティング・システム)である。

EOSはこのように様々な側面を持っている。

しかし、ブロックチェーンのOS(オペレーティングシステム)と考えると一番わかりやすいのかもしれない。

OSで代表的なものとしてWindows、mac OS、LINUXなどがある。

iOS、AndroidもOSである。

現在我々は日々いろんなアプリを日常的に使っている。

アプリが一般的に使用されることになったのはOSの存在が大きい。

ITデバイスはソフトウェアとハードウェアが連携することで機能する。

OSはこれをブリッジする役割を果たしているといえる。

OSがない状態ではアプリ開発者はアプリとハードウェアとの連携を常に考えないといけない。

ハードウェアとの連携はOSがやってくれるから、アプリ開発者はソフトウェアの部分だけに集中して開発ができるのだ。

PCやスマホのアプリが爆発的に普及したのは優れたOSの存在が大きい。

ビットコイン、そしてブロックチェーンが登場したことにより、インターネットは新たな時代に突入している。

新しいインターネットの登場とともに新しい仕組みのアプリ達が出現している。

その特徴は“Decentralization”、すなわち、“分散化”である。

既存のアプリと区別するためにこれらのアプリ達は“DApps”と呼ばれている。

DAppsとは“Decentralized Applications”、すなわち“分散型アプリ”の略である。

DAppsの可能性を一番最初に世の中に知らしめたのはEthereum(イーサリアム)である。

しかし、Ethereumは必ずしもDApps開発者にとって使いやすいOSとは言えなかった。

DAppsが既存のアプリと同じように普及するにはWindowsやMac OSのような使いやすいOSが必要である。

そのようなブロックチェーンのOSになろうとしているのがEOSIOである。

 

EOSIOは誰が開発しているか?

EOSIOを開発しているのはBlockOneである。

BlockOneとはどういう組織か?

BlockOneのCEOはBranden Blumerであり、CTOはDan Larimerである。

Dan Larimerについて

Dan LarimerはBlockOneのCTOである。
現在編集中です!(最終更新日:2019年3月3日)
Close Menu